顔汗を止めるならツボを押せ!

顔汗を止めるためのツボを紹介します。

顔汗を止めるならツボを押せ!

顔汗を止めるならツボを押せ!

 

汗をかくことで身体に熱がこもらないようにするのは身体にとって必要なことです。
しかし運動不足だったり夏場に涼しい部屋で長時間いたり、
シャワーばかりでお風呂に浸からなかったりと
汗をかかない生活を繰り返す中で汗腺の活動が弱まり、
心臓から離れた冷えやすい下半身部分の汗腺が休眠状態となってしまいます。

 

そのため体温調節を動きが多い顔ばかりで行なう顔汗状態となってしまうのです。

 

現代病の一種ともいえます。

 

 

 

ただ顔ばかり汗をかいていてはメイクも崩れてしまうし
恥ずかしい思いをしてしまうことも多いでしょう。

 

日ごろから汗をかくように運動をしたりゆっくりお風呂に浸かったりと
生活習慣を見直すようにして根本から治すようにしましょう。

 

 

いざというときに顔汗を止めるツボというのもあるので、
刺激してみましょう。

 

 

 

 

特に有効なのが脇のツボを刺激する方法です。
皮膚圧半側発汗現象といって交感神経を刺激する方法です。

 

圧迫した脇の反対側の顔の汗が止まります。

 

圧迫面積と反応の大きさは比例するので、
顔全体に大量の汗をかいているというのであれば手のひら全体で
両脇をしっかり押さえるようにすると効果があります。

 

 

首の後ろの頚動脈を冷ジェルなどで冷やすのも有効です。

 

一時的に血行が押さえられるので暑さも引きます。

 

 

できれば人にばれることなく道具も使わず治したいというのであれば
手の指にも発汗に関係するツボがあるので、さりげなく刺激してみてもよいでしょう。

 

 

 

顔汗をかく恥ずかしさや汗臭さが気になり始めると
心身が緊張状態になり交感神経が刺激されて余計に汗は出てきます。

 

 

顔用の制汗剤もありますし、どうしても気になってストレスなのであれば
ボトックス注射で発汗作用に関係のある神経伝達物質抑制をするのもよいでしょう。

 

リラックスすることが大切です。

 

 

顔汗を止めるためのツボをご紹介します。まず人間の体には様々なツボが存在しますが、その中でも特に顔汗に効くツボがいくつかあるんです。汗をかくことで人体に気力がこもらないようにするのは人体にとりまして肝です。しかしスポーツ欠陥だったり夏場に気持ち良いルームでたくさんいたり、シャワーばかりでお湯船に浸からなかったりって汗をかかないライフスタイルを繰り返す中で汗腺のアクティビティーが弱り、心臓から離れた冷えやすい下半身部分の汗腺が休眠具合となってしまいます。そのため体温統制をバイブレーションが多い外見ばかりで執り行う顔汗具合となってしまうのです。現代病の一種ともいえます。 ただ外見ばっかり汗をかいていてはメーキャップも崩れてしまうしやましい意思をしてしまうことも多いでしょう。日ごろから汗をかくようにスポーツをしたりのんびりお湯船に浸かったりと慣例を見直すようにして根本から治すようにしましょう。 いざというときに顔汗を留めるツボというのもあるので、刺激してみましょう。 別に有効なのが脇のツボを刺激するメソッドです。表皮圧半間近発汗状態といって交感神経を刺激するメソッドです。圧迫した脇の裏の外見の汗が止まります。圧迫面積とリプライのがたいは比例するので、外見トータルに大量の汗をかいてあるというのであれば手の内全体で両脇をじっくり押し付けるようにすると効果があります。 首の後ろの頚動脈を冷ジェルなどで冷ますのも有効です。一時的に血行が押さえられるので暑さも引きます。 できればクライアントにばれることなく用具も使わず治したいというのであれば拳固の指にも発汗に関係するツボがあるので、さりげなく刺激してみてもよいでしょう。 顔汗をかく恥ずかしさや汗臭さが気になり始めると心身が緊張状態になり交感神経が刺激されて余計に汗は出てきます。 外見用の制汗剤もありますし、どうも気になってフラストレーションなのであればボトックス注射で発汗実践に関係のある心話し合い物体統率をするのもよいでしょう。リラックスすることが大切です。