顔汗は漢方で対応する!

顔汗を止めるための対策

顔汗は漢方で対応する!

顔汗は漢方で対応する!

 

汗には体温を調節する役割があるので、
運動や緊張などで熱を持った顔や体を冷やしてくれます。

 

その環境から解放されると大抵は汗がひくのですが、
常に汗をかいているケースでは多汗症の可能性があり、
顔汗ばかりが目立ってしまうのは、顔面多汗症と呼ばれています。

 

顔面多汗症治療には、ボツリヌス注射や内服薬などがあり、
体質を改善する効能のある漢方薬が顔面多汗症の治療に用いられることもあります。

 

あまり薬を使わずに顔汗を治したい時には漢方薬を飲んでみましょう。
顔汗が出る原因は色々あるので、環境や体力などを考えて漢方薬選びをします。

 

 

緊張感が続いていたり、ストレスの強い環境にさらされて顔汗をかいている時は、
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)があり、
体力がない人に向いている漢方薬です。

 

比較的体力がある人は、紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)を選びましょう。

 

肥満気味の人には、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)がおすすめで、
水分を巡りを良くして体内にこもっている余分な水分を排出します。

 

イライラや不安感が強く暑がりで血圧が高い場合は、
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を試してみましょう。

 

この漢方薬はどちらかというと体力がある人向きです。

 

更年期ののぼせで顔汗をかいてしまう時には、加味逍遙散(かみしょうようさん)があり、
血行を改善してホルモンバランスを調節し、上半身の熱を抑える働きがあります。

 

 

漢方薬は飲めばすぐに汗が止まるといった類の薬ではなく、
長期的な服用で体質改善を働きかけていくものです。

 

効果が出るまでは時間がかかりますが、
体質に合った漢方薬を飲まないと効き目が出ないこともあるので、
専門医と相談して選びましょう。

 

 

 

 

汗には体温を調節する任務があるので、動作やプレッシャーなどで熱意を持った面持や体躯を冷やしてくれます。その時局から解放されるといった大抵は汗がひくのですが、常に汗をかいて掛かるケースでは多汗症の可能性があり、顔汗ばかりが目立ってしまうのは、顔面多汗症と呼ばれています。顔面多汗症施術には、ボツリヌス注射や内服薬などがあり、マンネリを改善する役割のある漢方薬が顔面多汗症の施術に選べることもあります。あまり薬を使わずに顔汗を治したい時には漢方薬を飲んでみましょう。顔汗が出る原因は色々あるので、時局やスタミナなどを考えて漢方薬チョイスをします。 重圧が続いていたり、ムシャクシャの著しい環境にさらされて顔汗をかいている時は、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)があり、スタミナがない人間に向いている漢方薬です。比較的スタミナがある人間は、紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)を選びましょう。デブ気味の人間には、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)がお薦めで、潤いを周りを良くして体内にこもっている余分な潤いを排出します。イライラや心労が深く暑がりで血圧が高い場合は、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を試してみましょう。この漢方薬はどちらかというとスタミナがある人間方位です。更年期ののぼせで顔汗をかいてしまう時には、加味逍遙散(かみしょうようさん)があり、血行を改善してホルモンバランスを調節し、躯幹の熱意を食い止める働きがあります。 漢方薬は飲めばすぐに汗があるといった類の薬ではなく、長期間的な投薬でマンネリ熟達を働きかけていくものです。効果が出るまでは時間がかかりますが、マンネリに合った漢方薬を飲まないという働きが出ないこともあるので、専門医って相談して選びましょう。