顔汗と更年期の関係性は知っておくべき

顔汗を止めるための対策

顔汗と更年期の関係性は知っておくべき

顔汗と更年期の関係性は知っておくべき

 

更年期になると気温が高いわけでもないのに顔だけが暑くなって汗をかく、
顔汗が増えると言われています。

 

そもそも更年期症状の出方は人それぞれなので一概には言えませんが、
これはよく見られる症状で、ホットフラッシュと呼ばれます。

 

 

その原因は女性ホルモン、エストロゲンの減少です。

 

美のホルモンとも呼ばれるエストロゲン、呼び名の通り美髪や美肌、
女性らしい美しい曲線的なボディラインを作るのに欠かせないホルモンですが、
実は自律神経とも大きく関わっているのです。

 

つまり、エストロゲンが減ることで自律神経が一時的に乱れて、血の巡りが悪くなります。

 

すると体温が部分的に高くなったり、汗腺のコントロールがおかしくなったりして、
顔汗増えることが起こり得るわけです。

 

 

このように汗が増えることは自律神経の関係で仕方ないと言えばそれまでですが、
人前で顔に滝のように汗をかいては恥ずかしいという女性も多いでしょう。

 

そこで顔汗を抑える方法をいくつかご紹介します。
まずはコールドスプレーです。
これを持ち歩いて必要な時に首の後ろを冷やすと効果的です。

 

また昔ながらの方法としてあるのがツボ押しです。
おしろいで顔が真っ白な舞妓さん、夏の暑い時期でも汗をかかずにきれいなメイクを維持しています。

 

これは体質ではなくて着物の帯のためなのです。
実は乳頭から指3本上に屋翳というツボがあります。
このツボを押すことで上半身の汗を抑えられるのです。

 

舞妓さんの着物の帯がこのツボを刺激することで、顔に汗をかかずに済んでいるのです。

 

ただ、抑えられた上半身の汗が下半身に回るのか、
この方法では下半身に大量の汗をかくので、
あくまで応急処置として覚えておくといいでしょう。

 

 

更年期に言ったら温度が高い感じじゃないのに表情だけが暑く決まって汗が出る、顔汗がもたらされると言っています。そもそも更年期様相の素振りは蓼食う虫も好き好きってことなので一口では伝えられませんが、この状態はお馴染みの様相で、賑やかフラッシュと言っています。 それは女房ホルモン、エストロゲンの低下です。美容のホルモンとも表現されるエストロゲン、言い方の道美容髪や美肌、女房らしい美しい輪郭といったような胴通り道を仕掛けるのにもかかわらず要されるホルモンとは言えども、実は自律地雷ともものすごく関係しています。つまり、エストロゲンが減るために自律地雷がしばらくの間おかしくなって、血行が鈍化してしまいます。すると体温が半分厳しく襲われたり、汗腺のハンドリングがおかしく接して、顔汗上がることが発症し得るというのが本当です。 こういったふうに汗が上がるという点は自律地雷の関係で何ともしょうがないというのは過去とは言えども、社会で表情に滝の様に汗をだしては気まずいという女の人ですら多いと考えます。そこで顔汗を押さえるテクニックを幾通りかごご覧に入れます。 まずは呼び出しドス公演です。ここを持ち歩いて入用なにも拘らず首の後を冷やすと作用を示します。また旧態依然としたテクニックとしてあるのが秘訣押しです。おしろいで表情が白一色な舞妓くん、夏場の夏の期間でも汗をかかずに可愛らしいメイクを薄らぐことがないままでいてございます。この状態は風習ではありませんし着物の帯のお蔭です。実は乳頭から指3文献前の方の記載に屋翳という秘訣が規定されています。この秘訣を圧すために躯幹の汗を減少させられるわけです。舞妓くんの着物の帯がこの秘訣を催促するために、表情に汗をかかずに済んで見受けられます。ただ、軽くできた躯幹の汗が下半身にまわるつもりか、この方法では下半身に豊かな汗が出るので、あくまで応急処置として会得しておくことによって良いのです。